『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
これが昭和のお弁当!!
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

 第70回 「さて、最終回。」 2014年4月15日

 今回でこのブログは70回をむかえました。

 パチパチパチ。

 ほとんど読者もいないこのブログ、本当に個人の趣味としてここまでやってきました。

 ですので、「箱根板橋日記」とうたっておきながら、まったく箱根板橋の情報もなく、日々の雑念や煩悩をさらけ出していました。

 途中からは、nendoの佐藤オオキさんの本に触発され、なんとなく本職のデザインの方で考えていることを整理してみたくなり、勝手ながら何の前触れもなくデザインをテーマにして、さらには言葉遣いも佐藤オオキさんを意識して書くなどやりたい放題でした。

 個人のブログとはいえ、自営業ですし人様の前に差し出す以上は失礼の無いように、出来る限りをつくしてきましたが、毎度の誤字脱字に加えてどうしようもない天性の乱文を、毎度あきらめずに読んでいただいた方々にはありがたくて大変感謝しています。

 このブログが始まったのは2012年の年末です。

 それから1年と2ヶ月、毎週火曜日に更新してきました。(正確には、一回だけ思いっきり忘れたことがありましたが)

 私的な事情でもうしわけありませんが、少し思う所もあり、キリのいい今回の70回で、最終回にさせていただきます。

 みなさま、今まで本当にありがとうございました。


 さて、最終回、最後に置き土産として、みなさんに何か喜んでもらえるネタはないものかと考えた結果、やはり人間得意なものを一生懸命というのが一番ですので(なんのこっちゃ)、ぼくが最近よく行く小田原の飲み屋さんを一軒紹介したいと思います。 

 で、そうなると急にコトバが乱れてしまうのだが、その名も「焼き鳥だいご 板橋店」。

 だいごというのは小田原に五店舗ある有名な小田原の焼き鳥店だが、その板橋店が我が家から徒歩5分の所にあるので、多い時は週3回を記録したことがある。

 板橋店は、もともと寺町にある本店で店長をしていた方が店長をしているのだが、実はぼくは板橋に引っ越してくる前はそっちの本店に比較的近いところに住んでいたので、よく本店に行っていた。

 その頃から店長さんとも顔見知りだったので、引っ越してきて初めて板橋店に行った時に、見知った顔があって驚いてしまった。

 吞ん兵衛の引きとはこわいものだ。

 この店長さんは焼きの技術などはあたり前だが、もともと日本料理もやっていた方なので、料理の質が焼き鳥屋にはオーバースペックなのではないかと思うほど高い。

 椎茸の石突きの隠し包丁などは、ぼくはこの店で初めて見た。

 さらに、そのせいで板橋店だけのサイドメニューのクオリティーもハンパじゃなく高く、〆鯖や、 この間あったさわらの粕漬けなんて、もはや割烹レベルなのだ。

 それに、ひょうひょうとした人柄もいい。

 客単価はひとそれぞれだろうが、我々のんべの夫婦ふたりは大体いつも六、七千円で済む。


 難を言えば、日曜休みなのと、22時完全閉店なことぐらい。

 だから、いつも仕事を急いで片付けていそいそと急ぎ足で行くのだが、それでも大体いつもカウンターの席に尻を着けた時には残り120分を切っていますというのがほとんどで、あせってビールと、焼き鳥を注文するのだ。

 それでも、22時はさすがに早いのだが、しかしそのおかげで深追いせずに、毎回微醺を含んだ程度で楽しいままに終える酒というのもおぼえた。

 ぼくがいつも注文するのは、かしら(塩)、トマトベーコン、ハラミ焼き(タレ)。

 もし入店時間が20時を過ぎていたらとりあえずそれらを注文してしまい、それからゆっくり店内を見回して今夜の構成をじっくり考えてみたらいかがだろうか。


[PR]
# by nagamineshunya | 2014-04-15 20:04 | 箱根板橋日記