『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第20回 「元スパイのゴールデンウィーク」 2013年4月30日

  はやいもので、四月も今日で最後である。

 ちまたではすでにゴールデンウィークがはじまっている。

 今年は四月二十七日の土曜日から計算し、五月六日の日曜日までがゴールデンウィークという事になっているらしい。

 ただし、間に四月三十日から五月二日の三日間平日を挟んでいて、さすがに三日間ともなるとそこを全部有給で埋めてというわけにはいかずに飛び石連休となる人が多く、結果海外よりも国内旅行が増えるだろうという予測のようだ。

 これにはアベノミクスによる円安の影響もあるようで、海外旅行好きの人には気の毒だが国内の経済にとってはまさしく「ゴールデン」な時期になるのではないだろうか。

 僕は、普段からこうした時期には極力外に出ないようにしている。

 なぜかというと、「並ぶの嫌い・人ごみ嫌い・天の邪鬼」と、三拍子揃っているので、みんなが出かける時は家に居て、誰も出かけないような時に出かけて行って、誰もいない空間を独り占めする事に無上の快感を感じるのだ。
 
 ニュースで、帰省ラッシュの高速道路のナイル川並みに続く渋滞の空撮映像なんかを見ると、「ムフッ、愚かよのう」なんて、ひとりほくそ笑んでいる。

 とにかく、クリスマス、お正月、ゴールデンウィーク、お盆休暇など、民族大移動のような時期には、絶対に巻き込まれない様に家でじっとしている。

 気をつけなければいけないのは振り替え休日というやつで、これは、もとより曜日に縁のない生活をしているので、気づかずにうっかり外出してしまい、大体そういう時は連休最終日でひどい目にあった事が何度かある。

 では、ゴールデンウィークには何をしているかというと、大抵仕事をしているか、DVDで映画を観ているか、酒を呑んでいるかで、まあ、つまりはいつもと変わらない生活を送っている。

 どっちが愚かだ、という意見は今は受け付けない。

 最近は、ツタヤの宅配のレンタルサービスというのを利用しているので、常に何かしらのDVDが家にあり、時間が出来たらすぐにそれを観ればいいので便利だ。

 自分で観たい映画をインターネットのホームページで片っ端から選んでリストに入れておけば、あとは在庫があるものから選んで送ってくれる。

 一回に送られてくる分は二枚で、家の郵便受けに入ってくる。

 僕の場合は一ヶ月に4枚借りられて、月額でたしか千円位のコース。

 忙しいと一ヶ月に一枚も観るひまがないなんていう事もざらだけど、延滞料はかからないので気が楽である。

 その間も、月額のお金は払っているからもったいないのだけで、借りられなかった分はちゃんと次の月に繰り越されて行くので文句はない。

 見終わったら郵便ポストに入れれば良いだけ、我が家の場合、家の向かいにポストがあるので本当に便利なのだ。

 最近は映画以外に、アメリカの元スパイが主人公の「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」という連続テレビドラマにハマっている。

 最初はテレビの深夜放送で観たのだが、ママに弱いが腕は超一流の元スパイ、その元恋人でセクシーだけどキレやすい腕利きの元工作員、元海軍所属のスパイで女好きな相棒と、それぞれキャラも立っていて、展開もテンポが良く、なにしろ話単純でわかりやすくて明るいのがいい。

 主人公の見た目がなんとなくルパン三世に似ているのだが、ちゃんと吹き替えがルパンの声の栗田貫一さんで、その辺も中々わかっているのだ。

 この手の作品というのは、吹き替えで楽しむと、とことん脳味噌を使わなくても十分楽しめて、リフレッシュには誠に都合がいいので、声優は非常に重要なポイントなのだ。 

 しかしである。

 この間、続きを借りようと、過去の借りたリストを確認していて、おかしな事に気づいてしまった。

 僕は今の所そのドラマを三枚借りて観たのだが、レンタル済みのリストに、「シーズン1 vol.1」、「シーズン2 vol.2」、「シーズン3 vol.3」とあったのだ。

 おー!なんてこったなのだ。

 この手の連続テレビドラマに詳しい人はすでにお気づきだと思うのだが、こういう連続ドラマにはシーズンという一連のシリーズがあり、そのシリーズ毎に一応の起承転結のようなものがある。

 どうやら僕はご丁寧にそのシリーズをすっ飛ばして1、2、3と順番に観ていたのだ。しかも、それに今までまったく気がつかなかった。

 そんな借り方をする僕も僕だが、そんな見方をしてもまったく話に違和感がない連続ドラマというのも一体どうなっているのだ。

 まあ、面白いからいいのだが、なんだか自らのアホさを再確認してしまった気がしてうすら寂しい気持ちになってしまった。

 寂しいと言えば、ゴールデンウィークというのを調べてみたら、名付け親は大映の当時常務取締役であった松山英夫さんという方で、1952年頃から使われはじめた映画業界の宣伝用語なのだそうだ。

 大映はこの時、これに続いて秋の文化の日の近辺の連休をシルバーウィークと名付けたが、これは定着しなかったらしい。うーむ、なんだか寂しい。

 シルバーウィークじゃ老人の日みたいで、なんか家でゆっくりしたくなっちゃうもんね。

 とにかく、今年のゴールデン・ウィークは元スパイになって、マイアミで自分を解雇した黒幕を突き止めたいと思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-04-30 08:10 | 箱根板橋日記