『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第23回 「変名政党の夜明け」 2013年5月21日

 この間、テレビを見ていたら橋下大阪市長が慰安婦についての発言とやらで完全にハメラレテイタ。

 橋下さんは手法的に問題(話題)発言をして注目を集めるタイプだが、この間のインタビューは長尺の物を僕は見たが、前後の文脈があり問題視されているような意味では言っていない。

 インタビュー途中からなんとなく記者側の質問の雲行きが危なくなって来て、返答がしどろもどろになっていったところを見ると、本人が話題性を故意に狙ったわけでもないだろう。

 大方、ネタがないのでちょっと料理して記事にしてやろうとか、維新の会も最近落ち目だし、ここらが潮時だから最後に使って捨てちまえといった感じのいつものマスコミのやり口だろう。

 日本のマスコミは今や小学生が見ても低レベルなのは明らかだからしょうがないけど、それを理由にみんなの党が選挙協力を解消したと聞いておののいた。 カンタンに裏切り過ぎでないかい?

 なーにが『みんな』の党なのだ。 少なくても俺は関わりになりたくないので、その他の『みんな』とがんばってほしい。まったく政策、政局どうこうの前に、人として信用ならない。

 別に橋下さんの事がどうこうというわけではないが、みんなの党にはちょっとどうこう思ったね、俺は。



 それにしても、口は災いの元である。 この問題のせいで維新の会の西村さんという議員がさらに失言をして、維新の会から議席を返せ、つまり議員を辞めろと怒られている。

 この西村さん、あるサイトでは極右議員なんて呼ばれていた。本人は橋下さんの援護射撃にまわったつもりが、見事にありがた迷惑。今一番静かにしていて欲しかった人にかぎって出て来ちゃう。政治家もまた人なのだ。

 この、極右という言葉も随分と使い古されて、もはや使われ方が大分アバウトというか、なんでもありな感があるが、それでいうともっとすごいのは『日本共産党』。

 僕は共産党の政策がどうのこうのとは言わないけど、今の時代に今だにあの名前を変えることができない政党に一体何が出来るのだろうか、と思うね。

 などと書いていたら、日本共産党のホームページの綱領の『五』に、堂々と「社会主義・共産主義の社会をめざして」と、しっかり書いてあった。

 すまんすまん、それならなんも文句ないのだ。そう言えば、社民党というのがあるが、あれはどっちだ。

 すかさずこちらもホームページを拝見。『理念』というところをクリック。

 すると、ドーン!と『社民党には、理念があります。』と書いてある。

 当たり前である。

 やな予感がしていたが、それではなに主義なのかというのを見てみると『社会民主主義』とあった。

 そうだよなー、社会民主党なんだもんなあ。(心の声:どっちかにせえよ、でもどっちにしたって、連立だもんね)

 そういえば、名前で言えば『国民の生活が第一』なんていうのがあって、あの頃から「どうも、最近政党の名前がおかしいぞ」と、国民の中でコソコソと話されるようになった。今は『生活の党』という、生協の団体かと思うような名前になってしまった。

 しかし、これの前にも『たちあがれ日本』なんてのがあって、これはその後『太陽の党』に変わった。これでは、完全に「太陽の塔」のダジャレである。

 では『たちあがれ日本』がこの変名政党の発端かと思って調べてみたら、あるわあるわ。

 『当たり前党』(なにがだ)、『税金党』(税金をめちゃくちゃ使ってそう)、『安楽死党』(大切な事なんだろうけど今はノー・コメント。ただ、名前になさらなくてもよかったんじゃ…)、『日本スマイル党』(マクドナルドか!)、『新党フリーウェイクラブ』(暴走族?)、『なかよしの党』(勝手にしなさい)、『減税日本・反TPP・脱原発を実現する会』(GHDでどうでしょうか)、『サラリーマン新党』(こんな漫画あったら買うかも)、『議員を半減させる会』(自分たちが議席を取った事がないのが泣かせる)等々、まだまだ書ききれないほどだ。

 極めつけは『「開星論」のUFO党』という党で、字から読み取る限り、「開国の次は、開星だ!」ということであろう。何とも景気のいい話である。グローバルも、TPPも目じゃないのだ。

 うーむ、なんとなく今テレビで見てる政治家の人達に、とりあえずがんばってもらいたくなってきたのだ。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-05-21 17:39 | 箱根板橋日記