『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第36回 「東日本するっとはがせるシール推進委員会」 2013年8月20日

 先週、引っ越したことを少し話したが、この間引っ越してから見かけなかったシュレッダーを最近二階の奥の部屋の押し入れで見つけた。

 多分引っ越しのお兄さんがこんな所にしまっちゃったんだろうけど、見つけた時に久しぶりだったからあることに気がついた。

 買った時に貼ってあったシールが、まだそのままなのだ。


 僕は、こういうのが子どもの頃から異常に許せない。

 いつも買って来たらすぐにはがしてしまう。

 大体、その商品自体のデザインの邪魔もしているし、第一何と言っても意味がない。

 いい機会なので、どれくらい意味がないのか、このシュレッダーのシールで検証してみたい。


 まず、この二階の押し入れから発見された現役のシュレッダーに貼られている、ブルーのシールには白字でこう書いてあった。

 「同時細断A4コピー用紙8枚」

 はい、機体の紙の投入口に書いてあるからわかってます。

 「CD・DVD・カード類 細断OK!」とある。

 これもそれ用の投入口に書いてあるからわかっている。もっと言わしてもらうと、だから買ったのだ。

 さらにその下には丸で囲って「静音タイプ」とある。

 これももうずっと使ってるからわかってるのだ。それに、言うほど静音じゃないぞ。


 ね、意味ないでしょ。やはりこういうシールは店頭に並んでいる時に客にアピールするための物で、一旦買って来て使い始めたらまったく無用のとんちんかんでうるさいだけの張り紙なのだ。

 だから、買って来たらすみやかにはがし、製品本来の生まれたままの姿に戻して上げるべきなのだ。


 この手のシールでも、するっとキレイにはがせるシールならまだいいが、中には白いのが残ったり、糊だけくっついてとれなかったり、まさかこのシールをはがすなんて夢にも思いませんでした、とでも言うのか、え?どうなんだ!ってほど強固なやつもあって、こうなると僕はそのメーカーの扱いをイッキに最低ランクまで下げる。

 「気の使えないメーカーだ。こんなことでは、きっと客のこと等何も考えずに商品を作っているに違いない。うん、きっとそうだ。」とかなり、すばやくあっさり判断してしまう。

 大体、商品というのは最終的には客のものなのである。それを、何を勝手にシールカスで汚しているのだ。

  だから全メーカーの担当者は、たかがシールと安易にコストダウンせずに、今こそもう一度顧客第一に立ち返り、自社のホスピタリティを見直す一歩として、多少割高でもするっとカンタンにはがせるシールに全て変えるべきなのでありますな。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-08-20 22:50 | 箱根板橋日記