『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第37回 「メモ メモ メモ」 2013年8月27日

 ここのところ仕事に終われ、火曜日更新のブログなのに、火曜日の夜十一時に更新なんて体たらく事が続いていた。

 自分でそんな時間にあげておいてなんだが、はっきり言ってその時間に書くのはツラい。

 一日の仕事が終わり体力的に疲れているし、精神的にビール方面に向かっているし、脳味噌も出がらしのようになっていてまるでネタが出てこない。

 そこで、この一週間は気にとまったことを、メールを使ってちゃんとメモするようにしていた。

 あ、時間帯を改善すればいけなかったのだと根本的なズレに今気付いたが、まあいいや。しょうがない。

 とにかく今日はメモがあるから心強いのだ。

 それでは、一応時間軸に沿って順に進めてみたいと思う。

 まず、「太陽光、報徳エナジー」。

 これは小田原に「ほうとくエネルギー」という自然エネルギーを使って発電する会社があって、そこで太陽光発電とクーラーがパックになったやつとかを作ってくれないだろうかと思った時のメモ。

 カンタンな窓枠はめ込み型クーラーで、電力は付属の太陽光発電のパネルだけでまかなってしまう。設置がカンタンで、さらにレンタルで月2,000円位だったら最高。いや、5,000円でもいいな。名づけて「太陽光発電パネル一体式窓枠クーラー」。そのままか。先週はあまりの暑さにこんな事ばかり考えていた。だって仕事場にクーラーないんだもん。

 次は、「煙 風立ちぬ バカ 社会的団体価値なし」というやつ。どうも、あとで見ると怒り方があからさまで恥ずかしい。日本男児として、こういうのはまずい。

 これは例のジブリの新作「風立ちぬ」に喫煙シーンが多すぎるとNPO法人・日本禁煙学会が苦言を呈したというニュースにからんでのメモ。
 
 僕は天の邪鬼なので、この話題の映画はまだ見てないけどこの話しには呆れた。関係ないだろ。何をえらそうに。学会だったら勝手に絡んでいいとでも思ってるんだろうか。バカめ。

 僕はこの手のインケンチクチクイイツケ団体が大嫌いである。人の作品にわけのわからないケチつけるんだから殴られる覚悟あんだろうな!と思いますね。

 学会にはわからないと思うけど、表現者にとって作品というのはとーっても苦労して作ったすごく大事なものなのである。

 だからこういう通り魔みたいな理不尽なクレームで刺されているのを見ると無性に気の毒になる。この学会とやらの人間は、風立ちぬの制作スタッフの気持ちを考えた事があるんだろうか。
 
 大体この学会は、常に映画見てこの映画は煙草のシーンが多すぎですねとかいちいち数えてるんだろうか。検閲気取りのアホめ。そんな暇があったら、禁煙映画の一本でも作って堂々と勝負しろい!

 次。「缶詰温めサービス、おかんのやつで」。

 これはテレビで見たんだけど、角打ち(酒屋で立ち呑みすること)のカウンターの中で、缶詰を御燗をつけるやつで少し温めて出していたのを見て、すかさずメモ。温まるのを目の前で待つのはなんだか楽しいし、単純にうまそうだし、これなら人件費や在庫のロスなども削減出来てなかなか賢い。将来居酒屋をやるような事になったら、ぜひ実践して見たいアイデアだ。

 次は、「伊丹十三と浅井しんぺいは飲み屋でどこに座るかを何時間も議論していた。」。

 これは伊丹十三特集のテレビを斜め見していた時のメモ。こういうの、ザ・昭和と言った感じでたまらなく好きなのだ。ちなみに伊丹十三はもともと伊丹「一三」という名で、自分のマイナスをプラスに変えるために「十三」と改名したというのを初めて知った。これもいかにも昭和っぽい。というか、こういうの大体昭和時代にやられつくしてしまってるのがずるい。

 「だまされるものがいなければよい」。

 これは同じ番組の中での伊丹十三のお父さんの言葉。

 お父さんは有名な映画監督で伊丹万作。これは、「先の大戦では騙されたと巷で言うものが多いが、そもそも騙されるものがいなければいいのだ」というような意味だったと思う。いまの原発事故の問題にそのままダブり、メモ。 

 最後は、「客がいるのにかたづけんな。ブラシ、ベッドボトルスタッフ、スプレー」。

 これは飲み屋でのひとコマ。

 ラストオーダーが済むとイスやらテーブルを猛烈に片付けだしたのに呆れてメモ。キッチンのスタッフが外に出て来てバックヤードからペットボトル持ち出して隅とは言えフロアで飲みだしたり、居酒屋というには値段も面構えも高級な店だったので呆れてしまった。お里が知れる。

 この閉店間近の片付け問題の中で最悪なのは、となりのテーブルを消毒かなんかのスプレーでシュッシュッとやって拭く奴で、あーいうのはなにを考えてるんでしょうかね?

 まぁ、もう閉店なんだから早く帰れ!という、昔の本屋の立ち読みにーちゃん撃退ホコリたたき攻撃みたいな、閉店居酒屋居座りおじさん防止の消毒スプレーシュッシュ攻撃という、いわば暗黙の「合図」なのかもしれないけど。おじさんはそれくらいやられないと気付かないもんなぁ。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-08-27 19:34 | 箱根板橋日記