『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第59回 「ゆるくない、ゆるキャラデザイン」 2014年1月28日

 ゆるキャラのデザインというと、やはり熊本県の公式キャンペーンキャラクター、「くまモン」だろう。

 小山薫堂さんがプロデュースし、画期的な版権の仕組みと(熊本県の許可がおりれば、誰でも無料で商用利用できる。個人で楽しむ範囲なら無料)と、計算しつくされたキャラクターデザインで一躍ゆるキャラ会のトップに躍り出た。

 デザインはグッド・デザイン・カンパニーの水野学さんがデザインした。

 親しみやすいキャラクターデザインをロジカルに作り上げ、最後の仕上げは微妙に表情のちがうくまモンを壁一面に並べ、どれがベストなのかを検証する。

 ゆるキャラだけど、その制作はゆるくない。

 その辺のことは、メディアでもかなり取り上げられたので、デザイナーや広告業界以外の人でも知っている人は多いのではないだろうか。

 くまモンの場合は、そうした画期的な版権の仕組みがプロデューサーの意図として背景にあるので、そのすべてを含めてキャラクターデザインといえるだろう。



 ゆるキャラをデザインする場合、まずその定義とはなんなのか。

 それに関しては、実は「ゆるキャラ」という言葉を生み出したみうらじゅんさんが以下の条件を明確にあげている。 


 1 郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性があること。

 2 立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること。

 3 愛すべき、ゆるさ、を持ち合わせていること。


 2、3はヴィジュアルや、演出にかかわってくる部分なので、デザインの着想のスタートは1の「郷土愛に満ち溢れた強いメッセージ性がある事。」という条件になるだろう。

 なるほど、くまモンは熊本の「熊」で、熊本弁の「〜モン」という言葉を使ったネーミングが郷土愛に満ちあふれていて、しかも元は「熊本サプライズ」というキャンペーンのおまけとして生まれたので、その驚いた表情には「熊本サプライズ」のメッセージがしっかり表されている。



 さて、未だに全国でゆるキャラが洗濯機の中の泡のごとく出現しては、あっという間にグルグルと忘却の彼方に吸い込まれて消えている。

 見ていると、ゆるキャラなら市民の中学生や高校生からイラストを募集すればちょっと手直しすればキャラはタダで作れるし、もしかしたら大当たりしてくまモンみたいに人気者になって全国区になって、そうしたらお客さんがいっぱい来るかもしれない、今ブームだしとりあえずうちでもやってみない手はない、ぐらいのなんだか宝くじ買うみたいなやりかたで、さも立派な事業のようにやっているところが多い。

 こういうのは、そのゆるキャラのデザインのクオリティーがどうとかいう前に、仕事として間違っている。

 仕事をする時は、絶対失敗できない。

 いや、失敗して死刑になるわけではないが、少なくとも万全の準備をして、しっかりとしたパフォーマンスをし、最後の最後までとにかく結果が出るように努めるということが必要だ。

 そういう気持ちで取り組んでいれば、まず一番大事なデザインの部分を素人の公募にはまわさないはずだ。

 そこのコストを安くあげたって、スタート自体が失敗していればその先はない。

 それは、家を建てる時に、コストを削減するためになんの経験もない人間に設計を依頼するのかを考えてもらえば、その無謀さがイメージできるはずだ。


 
 もっと悪質なものがある。

 故・やなせたかしさんのところには、生前全国の200以上の自治体からゆるキャラの制作依頼があり、そのほぼすべてがノーギャラの依頼だったという。 

 やなせさんは、「ほぼ日刊糸井新聞」の対談の中でこの事について明かしていたが、キャラクターが好評で着ぐるみを作る予算は出るのに、自分は何でタダなのかよくわからない、しかし、とにかく自分は巨匠にはならないと決めていたので、どんな仕事でもやろうと思ってやってたから、まあいいのかな、と思ってやっていたらしい。

 実際にそうして生まれたキャラクターを、ノーギャラ依頼してくるような自治体の人間がちゃんと活用し、市民の忘却の彼方に消える事なく、いまでもご当地のゆるキャラとして愛されているだろうかと考えると、そんなことはないだろう。

 なんだかいたたまれなくなるが、いくらやなせさんのデザインだといっても、引き取り手がそのレベルではたぶんそんなものだ。



 ゆるキャラは、もうゆるくない時代なのだ。

 いつまでもゆるいままの自治体は、洗濯機の泡のごとく、市民の忘却の彼方に消えていくだろう。

 そして、くまモンの出現は、デザイナーにとっても、ゆるくないゆるキャラの大いなる提示なのだ。

 
 

[PR]
by nagamineshunya | 2014-01-28 18:03 | 箱根板橋日記