『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第65回 「補いあう気持ち」 2014年3月11日

 今日はどうしようかと思いましたが、やはり三月十一日であるという所から始めたいと思います。

 朝から、テレビでもラジオでも震災の三年前を忘れないというメッセージのもの、また、いまだ復興の進んでいない現状、停滞(後退?)する原発の問題などをやっています。

 多分、今この瞬間もテレビでは特番を組んで、同じテーマをやっていると思います。

 正直なところ、明るい話題はなく、それが解せない自分がいて、最初それはなぜなのだろうと思いました。

 

 三年間、たくさんの人が、本当に様々な力を発揮して、復興にむけていろいろなコトをして来ました。

 そして、その中で実を結んだことも数えきれないほどあります。

 しかし、今日耳に入って来たニュースの中に、それらの事はなかなか出て来ませんでした。

 
 
 もちろん進まない復興の現状を知らせることは大事です。

 しかし、それだけではなくて、あがった成果を喜ぶ事も同時に必要なことではないでしょうか。

 全体を達成することは大いなる目標であるけれど、その前に小さなゴールがいくつもあって、その度にみんなで喜びあって、祝う。

 そのあたりのバランスをうまくとって、人々に伝えてほしいと思うのです。

 と、テレビ局の編集方針に個人的ないちゃもんつけてしまいましたが、テレビに限らず報道に出来る事には限界があります。

 政治家にも限界があります。

 東電にも限界があります。

 役人にも限界があります。

 企業にも限界があります。

 市民にも限界があります。

 支援者にも被災者にも限界があります。

 

 色々な立場に、いろいろな人がいますが、みんな出来る事と出来ない事があります。

 だから、社会が健全に保たれるには、また今が健全ではないとしたら、少しでも健全な方へ方向修正するには、「補いあう」気持ちが大事だと思います。

 補いあうということは、つまり補ってあげたり、補ってもらったりするわけで、だから補いあうためには、相手のことはもちろん、自分のことも知っておくことが大事だと思うのです。

 僕はどういう人間かというと、短気で、天の邪鬼で、吞ん兵衛で、好奇心が強いわりに、飽きっぽい。

 どなたか、こんな僕をぜひ補ってください。



 あれから三年、明るい「成果」はいろんなところにうまれましたよね。

 忘れない事もひとつに絞らずに、三年前の三月十一日と、その前日、三月十日までの本当になんでもなかった日々の両方を憶えておくというのはどうでしょうか。

 僕自身は、その両方の「忘れない」で、補いあいながら生きていきたいなとおもっています。


[PR]
by nagamineshunya | 2014-03-11 20:40 | 箱根板橋日記