『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

第67回 「お墓のデザイン」 2014年3月25日

 前回の予告通り、今回は、お墓のデザインについてです。

お墓のデザインといっても、いろいろなカタチのデザイン墓石の話ではなく、お墓参りの動線や理念を考えた上で、現代の社会と新らしくフィットするとしたらどういう立地にあるのがいいかという、少しランドスケープデザインとも関係するような話です。

僕がこのことに興味を持ったきっかけは、友達の実家に遊びに行った時のことです。

その友達の家の庭には、茂みのような小さな小さな小山があり、その中にその家のお墓があったのです。

最初聞いた時は、驚きました。

しかし、じわじわと得体の知れぬ感動がこみ上げてきて、その後その小山のある庭でみんなでBBQをごちそうになったのですが、とても不思議な気分でした。

ただそこにお墓があるだけで(あるだけでというレベルではありませんが)なんだか、その友達の家族の代々に渡る営みの歴史が、急にそこでミニマムに表現されているように思え、昔々の光景がフラッシュバックしてきそうな感覚でした。

それは、なにか今の言葉では言い表せない、人間の根本的な琴線に訴えかけるもののような気がしました。 

まるで、2001年宇宙の旅にでてくる謎のモノリスのようです。


今、現代人にとってお墓は頭の痛い問題になっていることの方が多そうです。

核家族化が進み、実家を出て暮らす方が多くなると、当然自分の家のお墓からも離れてくらす人が多くなります。

また、今問題になっている少子化は、ゆくゆく一人当たりが面倒を見るお墓の数が増えるということにもつながります。



現代において、厳密にはお墓を敷地内につくるのは法律上難しく、その友達の家は歴史が古く、法律の制定以前からそうであったため許可されているのでしょう。

もしやれたとしても、土地の値段も下がってしまいそうですし、現実的にはむずかしいでしょう。

しかし、それを承知で言わせていただければ、お墓というものが今後も残っていくのであれば、墓地型ではなく、庭内型、もしくは、都内の住宅地のように敷地を広く取れない場合には、仏壇を発展させたような家庭内型がいいのではないかと思うのです。

[PR]
by nagamineshunya | 2014-03-25 18:25 | 箱根板橋日記