『箱根板橋日記』毎週火曜更新|長嶺 俊也 Nagamine, Shunya デザイナー 1979年生まれ         


by nagamineshunya

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

 第70回 「さて、最終回。..
at 2014-04-15 20:04
第69回 「無印家電と男と昭..
at 2014-04-08 20:31
第68回 「国家予算規模のお..
at 2014-04-02 19:57
第67回 「お墓のデザイン」..
at 2014-03-25 18:25
第66回 「お墓参り教のスス..
at 2014-03-18 21:13

カテゴリ

全体
箱根板橋日記
未分類

関連

以前の記事

2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
パリときどきバブー  f...
ばーさんがじーさんに作る食卓
ベルリン中央駅
フィレンツェ田舎生活便り2
犬とご飯と雑貨。
勇気リン凜

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

画像一覧

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第41回 「ネチネチ中齢社会」 2013年9月24日

 高齢者という言葉がある。

 日本は言わずと知れた超高齢化社会である。

 「超」というのは冗談ではなく、ちゃんと基準がある。

 それには高齢化率というのを用いるのだが、これは65歳以上の人口が総人口に占める割合、という事になるらしい。この辺、ばんばんウィキペディアの引用で行くので、間違っていても文句言わないように。

 まず普通の「高齢化社会」がこの高齢化率が7〜14%のときで、日本はすでに1970年(昭和45年)に達成している。

 次の「高齢社会」が14〜21% で、これも1995年(平成7年)に達成。

 そして、今の所最高値である21%越えを「超高齢社会」といい、これも日本は2007年に(平成19年)に達成してしまった。

 お気づきの通り、僕がさっき言った「超高齢化社会」というのは間違いで、「化」がつくのは最初の警戒段階までの話しであって、そこから先はもうなっちゃったよということなのだ。

 ちなみに、2007年に超高齢社会を達成した後、日本はどうなっているかと言うと、2010年の段階で23.1%と過去最高を更新しているらしい。

 ここで思い出したのはベトナムの国の平均年齢で、確か27歳だった。

 調べてみたら、投資系のサイトに出ていた。

 2011年のデータで、アジア諸国の平均年齢で最も低いのはカンボジアの22.9歳。マレーシアが26.8歳で、ベトナムは27.8歳とある。

 タイが34.2歳で、シンガポールは40.1歳、香港は43.4歳。

 この辺の平均年齢の高さはGDPも関係しているようだ。

 意外だったのは中国で、35.5歳と低い。まあ、この国の場合は人口数自体もあやふやだから当てにはならないが。

 お隣、韓国は載っていなかったのでわからないが、われらが日本は44.8歳で完全に中年である。

 つまり、平均年齢で言うと「中齢社会」という事になる。もはや「化」などつく段階ではない、完全なる中年おじさん国である。

 ベトナムやカンボジア、マレーシアのような「若齢社会」がうらやましい。

 もし、オリンピックのルールが突然変わって、国民総当たり戦などになったら、あの三ヵ国にはまったく歯が立たないだろう。

 20代の若者と陸上競技で競うなんて、考えるだけでもいやだ。国の威信よりも明日の仕事のほうが心配で、ケガする前に棄権してしまう。あ、自分で言ってて情けないなー。

 経済の上でも、勢いが違いそうだ。

 なにせ、あの三ヵ国は寝ずに働いて大丈夫な年頃の集まりなのだ。バンバン!生産して、バンバン!消費するだろう。

 我々の国は、消費税が何%上がるかでずっとネチネチやってるのである。その間に、やつらはバンバンやっちゃってるのだ。

 そう言えば前にテレビでみたのだが、どこの国か忘れてしまったが、東南アジアの国で日本でも流行っているドーナツの会社が店を出した。めでたくその国でも当たって、その店は大繁盛、行列ができるようになった。と、ここまでならわかる。

 驚いたのはその後で、その店の道路をへだてた向かいに、同じ商品を売っている屋台が出現したのである。

 テレビでは、当然その屋台の主にインタビューした。

 まず、一番の疑問はそのドーナツはどこから仕入れているのか、である。

 すると主はこともなげに、道の向こうを指差し、「あそこの店で買って来るんだよ」と、笑顔で答えた。

 向こうの本家の店(こっちが分家というわけですらないけど)に怒られないのかと聞くと、逆に毎日いっぱい買っていくから感謝されているという。

 うーむ。

 次に気になるのが、仕入れるのはいいが、果たして本物の店の目と鼻の先で売れるのかという問題である。

 これにも主はまたしても笑顔で答えた。「売れるよ、こっちは待たなくていいからね。」

 うーむ。

 ようは、別にトリックのような事はなにもなく、まず、こちらの屋台の方はお店で買ってきて仕入れるのだから、当然利益を上げるために中間マージンが必要で、お店より高い値段で売らなければならない。

 しかし、その分多少割高でも、並ばなくてもいいので、こっちで買っていく人は多いと言うのだ。

 うーむ!つまり、「時間を買う」という事が、これだけ日常で積極的に行われていて、その価値観が当たり前に存在しているという事なのだ。

 これをみた時に、「あ、勝てないな」と、思いましたね。

 これぞまさに国の勢いで、「若齢若者バンバン!社会」なのである。

 経済の方も、GDPの数値ではどうにかとか言っていても、どうやらこれも国民総当たり闇市十種競技などになったら、日本の用な「ネチネチおじさん中齢社会」では、すでにまったく太刀打ちできないようである。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-24 19:59 | 箱根板橋日記

第40回 「にっぽんのおすすめ」 2013年9月17日

 触れるべきか触れないべきか少し考えたのだが、なにも書くネタがないので触れてしまう事にする。

 えーっと、東京にオリンピックが決まりましたねぇ。

 私は仕事が長引いたので、明け方ビールを飲みながらリアルタイムでこの一連の流れを見ていたんですがねぇ、正直おどろきました。

 なにって、そりゃもちろん例の首相の「アンダー コントロール」発言ですよぉ。

 あたしゃ、思わず「おいおい」って、テレビに向かってつっこんじまったよ。

 なんて、ふざけていたら不謹慎なんて怒られそうなので、普通にもどすが、この事に関しては本来はウソかホントかのレベルだが、それじゃあんまりなので色々考えていた。

 そしたら、その後のテレビである人が「これは最初に福島の人に言って欲しかったことですよね」と言っていて、なるほどなと思った。

 もっと言えば、まず日本人の前で言ってほしかった。

 僕の「おいおい」も、自己分析してみるとそういう感情から来ている。

 「おいおい、俺たちゃまだなんにも聞いてねーぞ!」と、日本全国から聞こえて来たという事じゃないだろうか。

 つまり、もはや原発の問題は福島や周辺地域、またはその関係者だけの問題ではないという事が、あの時の多くの日本人たちの反応でわかった瞬間だったのではないだろうか。

 これ以上はどうしても、くどくど、くどくどと、くどくなりそうなので、話題を変えたいと思う。



 この間、ネットではあまり評判の良くないラーメン屋に初めて行ってみた。

 内容を書くとどこの店かわかってしまうので控えるが、結論から言うと、うまかった。

 ザマーみろなのだ。誰にザマー見ろなのかわからないが、とにかく勝ったと思いましたね。

 笑い話のようだが、ネットの評判というのは結構逆な気がする。

 ようは、うまいとか、人気店とか書いてあるとこの方が、結構な確率で不味い事が多い。

 お前の舌がおかしいのだ!という可能性もあるが、経験的直感的統計からすると、結構当たっている気がする。

 もちろん前評判が良いせいで、期待値のハードルがあがっているという事もあるだろうが、おうおうにして大した事ない。

 間違いないのは友達のおすすめというやつで、これは単に日頃の行動や趣味酒肴が似ているからだろう。

 逆に、おすすめする側というのはなかなかムズカシイ。

 責任もさることながら、失敗するとなんとなくその後の自分の人間的価値評価にまで関わってきそうで、悩みだすときりがない。

 
 東京オリンピックの時、日本人達はいったい日本のどこを、なにをおすすめするのであろう。
 

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-17 22:21 | 箱根板橋日記

第39回 「母ふたり、子ひとり。」 2013年9月10日

 先週から、アルバイトのスタッフとしてお母さん二人と赤ちゃん一人がデザインこねこに働きに来ている。

 正確に言うと、赤ちゃんはつねに寝たり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、また寝たりと、まだまだスタートしたばかりの彼女の人生においての目下の最重要課題である、成長という「仕事」に日々はげんでいる。

 この赤ちゃんのお母さんは製造業の事務職経験者で、前の会社ではもろもろの管理システムを一人で作り上げたらしい。

 その会社に入った当時、事務はおばあちゃんがひとりで手書きで色々やっていたらしいのだが、彼女が入社して一気にパソコンを使った管理方法にそれらを落とし込んでいったらしい。

 まったく、IT革命は現場で起こっているのだ。そのおばあちゃんも、さぞ驚いた事であろう。

 そういう気質と実績をもっている人であるから、目下のデザインこねこの最大の問題である管理事務をシステムから構築してもらうようお願いした。

 それ以外にも、元来きちっと整理するのが好きな性格の様で、仕事の案件の方の情報の整理等にもバリバリと力を発揮してくれる。赤ん坊を抱きながらそれをやってのけてしまうのだから、中々頼もしい新人なのだ。

 もうひとりのお母さんは、三人の子どものお母さんなのだが、すでに一番下の子どもも保育園だか幼稚園にあずけているので、単独身軽な雰囲気でやってくる。

 彼女は自分でも美容師とベビーマッサージのインストラクターという顔をもち、活動している。自分のブログも更新していて、文章や写真を撮るのもうまいので、広報を担当してもらう事にした。

 その他にも、本人は体を動かす仕事の方が良いそうなので、花壇の手入れや、掃除などの雑務も担当してもらっている。野良仕事も好きなようなので、ゆくゆくは猫の額ほどの裏庭を開墾してもらって、そこで野菜を育ててもらい、そしてさらに収穫した野菜を使ってみんなのごはんを作る社員食堂を作ってくれたりしないだろうかと、密かに期待している。



 このふたりがどのようにしてデザインこねこにくる事になったかというと、実はカミさんの地元の友達というやつで、もう少し詳しくいうと彼女が青春時代をともに過ごした仲のいい友達グループの人たちなのである。

 最近、徐々に仕事の手が足らなくなってきたので、そろそろアルバイトで正式にデザインこねこのスタッフとして手伝ってくれる人を入れた方がいいんではないだろうかと話していて、とりあえず近場でその仲良しグループに声をかけたら、それぞれのタイミングとも重なり、運良くこのふたりが手を挙げてくれたというわけなのだ。

 僕も昔から知っていて、家族ぐるみの付き合いをしている人たちなので、非常にやりやすくて良かったと思っている。

 そして、なにより仕事場で赤ん坊の鳴き声がしているというのも中々いいもので、なんとなくみんな優しく元気になる。これは、もしかしたら赤ちゃんセラピーとして、これから企業で流行るかもしれないと、密かに思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-10 20:47

第39回 「母ふたり、子ひとり。」 2013年9月10日

 先週から、アルバイトのスタッフとしてお母さん二人と赤ちゃん一人がデザインこねこに働きに来ている。

 正確に言うと、赤ちゃんはつねに寝たり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、また寝たりと、まだまだスタートしたばかりの彼女の人生においての目下の最重要課題である、成長という「仕事」に日々はげんでいる。

 この赤ちゃんのお母さんは製造業の事務職経験者で、前の会社ではもろもろの管理システムを一人で作り上げたらしい。

 その会社に入った当時、事務はおばあちゃんがひとりで手書きで色々やっていたらしいのだが、彼女が入社して一気にパソコンを使った管理方法にそれらを落とし込んでいったらしい。

 まったく、IT革命は現場で起こっているのだ。そのおばあちゃんも、さぞ驚いた事であろう。

 そういう気質と実績をもっている人であるから、目下のデザインこねこの最大の問題である管理事務をシステムから構築してもらうようお願いした。

 それ以外にも、元来きちっと整理するのが好きな性格の様で、仕事の案件の方の情報の整理等にもバリバリと力を発揮してくれる。赤ん坊を抱きながらそれをやってのけてしまうのだから、中々頼もしい新人なのだ。

 もうひとりのお母さんは、三人の子どものお母さんなのだが、すでに一番下の子どもも保育園だか幼稚園にあずけているので、単独身軽な雰囲気でやってくる。

 彼女は自分でも美容師とベビーマッサージのインストラクターという顔をもち、活動している。自分のブログも更新していて、文章や写真を撮るのもうまいので、広報を担当してもらう事にした。

 その他にも、本人は体を動かす仕事の方が良いそうなので、花壇の手入れや、掃除などの雑務も担当してもらっている。野良仕事も好きなようなので、ゆくゆくは猫の額ほどの裏庭を開墾してもらって、そこで野菜を育ててもらい、そしてさらに収穫した野菜を使ってみんなのごはんを作る社員食堂を作ってくれたりしないだろうかと、密かに期待している。



 このふたりがどのようにしてデザインこねこにくる事になったかというと、実はカミさんの地元の友達というやつで、もう少し詳しくいうと彼女が青春時代をともに過ごした仲のいい友達グループの人たちなのである。

 最近、徐々に仕事の手が足らなくなってきたので、そろそろアルバイトで正式にデザインこねこのスタッフとして手伝ってくれる人を入れた方がいいんではないだろうかと話していて、とりあえず近場でその仲良しグループに声をかけたら、それぞれのタイミングとも重なり、運良くこのふたりが手を挙げてくれたというわけなのだ。

 僕も昔から知っていて、家族ぐるみの付き合いをしている人たちなので、非常にやりやすくて良かったと思っている。

 そして、なにより仕事場で赤ん坊の鳴き声がしているというのも中々いいもので、なんとなくみんな優しく元気になる。これは、もしかしたら赤ちゃんセラピーとして、これから企業で流行るかもしれないと、密かに思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-10 20:47

第39回 「母ふたり、子ひとり。」 2013年9月10日

 先週から、アルバイトのスタッフとしてお母さん二人と赤ちゃん一人がデザインこねこに働きに来ている。

 正確に言うと、赤ちゃんはつねに寝たり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、また寝たりと、まだまだスタートしたばかりの彼女の人生においての目下の最重要課題である、成長という「仕事」に日々はげんでいる。

 この赤ちゃんのお母さんは製造業の事務職経験者で、前の会社ではもろもろの管理システムを一人で作り上げたらしい。

 その会社に入った当時、事務はおばあちゃんがひとりで手書きで色々やっていたらしいのだが、彼女が入社して一気にパソコンを使った管理方法にそれらを落とし込んでいったらしい。

 まったく、IT革命は現場で起こっているのだ。そのおばあちゃんも、さぞ驚いた事であろう。

 そういう気質と実績をもっている人であるから、目下のデザインこねこの最大の問題である管理事務をシステムから構築してもらうようお願いした。

 それ以外にも、元来きちっと整理するのが好きな性格の様で、仕事の案件の方の情報の整理等にもバリバリと力を発揮してくれる。赤ん坊を抱きながらそれをやってのけてしまうのだから、中々頼もしい新人なのだ。

 もうひとりのお母さんは、三人の子どものお母さんなのだが、すでに一番下の子どもも保育園だか幼稚園にあずけているので、単独身軽な雰囲気でやってくる。

 彼女は自分でも美容師とベビーマッサージのインストラクターという顔をもち、活動している。自分のブログも更新していて、文章や写真を撮るのもうまいので、広報を担当してもらう事にした。

 その他にも、本人は体を動かす仕事の方が良いそうなので、花壇の手入れや、掃除などの雑務も担当してもらっている。野良仕事も好きなようなので、ゆくゆくは猫の額ほどの裏庭を開墾してもらって、そこで野菜を育ててもらい、そしてさらに収穫した野菜を使ってみんなのごはんを作る社員食堂を作ってくれたりしないだろうかと、密かに期待している。



 このふたりがどのようにしてデザインこねこにくる事になったかというと、実はカミさんの地元の友達というやつで、もう少し詳しくいうと彼女が青春時代をともに過ごした仲のいい友達グループの人たちなのである。

 最近、徐々に仕事の手が足らなくなってきたので、そろそろアルバイトで正式にデザインこねこのスタッフとして手伝ってくれる人を入れた方がいいんではないだろうかと話していて、とりあえず近場でその仲良しグループに声をかけたら、それぞれのタイミングとも重なり、運良くこのふたりが手を挙げてくれたというわけなのだ。

 僕も昔から知っていて、家族ぐるみの付き合いをしている人たちなので、非常にやりやすくて良かったと思っている。

 そして、なにより仕事場で赤ん坊の鳴き声がしているというのも中々いいもので、なんとなくみんな優しく元気になる。これは、もしかしたら赤ちゃんセラピーとして、これから企業で流行るかもしれないと、密かに思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-10 20:47

第39回 「母ふたり、子ひとり。」 2013年9月10日

 先週から、アルバイトのスタッフとしてお母さん二人と赤ちゃん一人がデザインこねこに働きに来ている。

 正確に言うと、赤ちゃんはつねに寝たり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、また寝たりと、まだまだスタートしたばかりの彼女の人生においての目下の最重要課題である、成長という「仕事」に日々はげんでいる。

 この赤ちゃんのお母さんは製造業の事務職経験者で、前の会社ではもろもろの管理システムを一人で作り上げたらしい。

 その会社に入った当時、事務はおばあちゃんがひとりで手書きで色々やっていたらしいのだが、彼女が入社して一気にパソコンを使った管理方法にそれらを落とし込んでいったらしい。

 まったく、IT革命は現場で起こっているのだ。そのおばあちゃんも、さぞ驚いた事であろう。

 そういう気質と実績をもっている人であるから、目下のデザインこねこの最大の問題である管理事務をシステムから構築してもらうようお願いした。

 それ以外にも、元来きちっと整理するのが好きな性格の様で、仕事の案件の方の情報の整理等にもバリバリと力を発揮してくれる。赤ん坊を抱きながらそれをやってのけてしまうのだから、中々頼もしい新人なのだ。

 もうひとりのお母さんは、三人の子どものお母さんなのだが、すでに一番下の子どもも保育園だか幼稚園にあずけているので、単独身軽な雰囲気でやってくる。

 彼女は自分でも美容師とベビーマッサージのインストラクターという顔をもち、活動している。自分のブログも更新していて、文章や写真を撮るのもうまいので、広報を担当してもらう事にした。

 その他にも、本人は体を動かす仕事の方が良いそうなので、花壇の手入れや、掃除などの雑務も担当してもらっている。野良仕事も好きなようなので、ゆくゆくは猫の額ほどの裏庭を開墾してもらって、そこで野菜を育ててもらい、そしてさらに収穫した野菜を使ってみんなのごはんを作る社員食堂を作ってくれたりしないだろうかと、密かに期待している。



 このふたりがどうしてデザインこねこにくる事になったかというと、実はカミさんの地元の友達というやつで、もう少し詳しくいうと彼女が青春時代をともに過ごした仲のいい友達グループの人たちなのである。

 最近、徐々に仕事の手が足らなくなってきたので、そろそろアルバイトで正式にデザインこねこのスタッフとして手伝ってくれる人を入れた方がいいんではないだろうかと話していて、とりあえず近場でその仲良しグループに声をかけたら、それぞれのタイミングとも重なり、運良くこのふたりが手を挙げてくれたというわけなのだ。

 僕も昔から知っていて、家族ぐるみの付き合いをしている人たちなので、非常にやりやすくて良かったと思っている。

 そして、なにより仕事場で赤ん坊の鳴き声がしているというのも中々いいもので、なんとなくみんな優しく元気になる。これは、もしかしたら赤ちゃんセラピーとして、これから企業で流行るかもしれないと、密かに思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-10 20:47

第39回 「母ふたり、子ひとり。」 2013年9月10日

 先週から、アルバイトのスタッフとしてお母さん二人と赤ちゃん一人がデザインこねこに働きに来ている。

 正確に言うと、赤ちゃんはつねに寝たり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、また寝たりと、まだまだスタートしたばかりの彼女の人生においての目下の最重要課題である、成長という「仕事」に日々はげんでいる。

 この赤ちゃんのお母さんは製造業の事務職経験者で、前の会社ではもろもろの管理システムを一人で作り上げたらしい。

 その会社に入った当時、事務はおばあちゃんがひとりで手書きで色々やっていたらしいのだが、彼女が入社して一気にパソコンを使った管理方法にそれらを落とし込んでいったらしい。

 まったく、IT革命は現場で起こっているのだ。そのおばあちゃんも、さぞ驚いた事であろう。

 そういう気質と実績をもっている人であるから、目下のデザインこねこの最大の問題である管理事務をシステムから構築してもらうようお願いした。

 それ以外にも、元来きちっと整理するのが好きな性格の様で、仕事の案件の方の情報の整理等にもバリバリと力を発揮してくれる。赤ん坊を抱きながらそれをやってのけてしまうのだから、中々頼もしい新人なのだ。

 もうひとりのお母さんは、三人の子どものお母さんなのだが、すでに一番下の子どもも保育園だか幼稚園にあずけているので、単独身軽な雰囲気でやってくる。

 彼女は自分でも美容師とベビーマッサージのインストラクターという顔をもち、活動している。自分のブログも更新していて、文章や写真を撮るのもうまいので、広報を担当してもらう事にした。

 その他にも、本人は体を動かす仕事の方が良いそうなので、花壇の手入れや、掃除などの雑務も担当してもらっている。野良仕事も好きなようなので、ゆくゆくは猫の額ほどの裏庭を開墾してもらって、そこで野菜を育ててもらい、そしてさらに収穫した野菜を使ってみんなのごはんを作る社員食堂を作ってくれたりしないだろうかと、密かに期待している。



 このふたりがどのようにしてデザインこねこにくる事になったかというと、実はカミさんの地元の友達というやつで、もう少し詳しくいうと彼女が青春時代をともに過ごした仲のいい友達グループの人たちなのである。

 最近、徐々に仕事の手が足らなくなってきたので、そろそろアルバイトで正式にデザインこねこのスタッフとして手伝ってくれる人を入れた方がいいんではないだろうかと話していて、とりあえず近場でその仲良しグループに声をかけたら、それぞれのタイミングとも重なり、運良くこのふたりが手を挙げてくれたというわけなのだ。

 僕も昔から知っていて、家族ぐるみの付き合いをしている人たちなので、非常にやりやすくて良かったと思っている。

 そして、なにより仕事場で赤ん坊の鳴き声がしているというのも中々いいもので、なんとなくみんな優しく元気になる。これは、もしかしたら赤ちゃんセラピーとして、これから企業で流行るかもしれないと、密かに思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-10 20:46

第39回 「母ふたり、子ひとり。」 2013年9月10日

 先週から、アルバイトのスタッフとしてお母さん二人と赤ちゃん一人がデザインこねこに働きに来ている。

 正確に言うと、赤ちゃんはつねに寝たり、泣いたり、笑ったり、おっぱいを飲んだり、また寝たりと、まだまだスタートしたばかりの彼女の人生においての目下の最重要課題である、成長という「仕事」に日々はげんでいる。

 この赤ちゃんのお母さんは製造業の事務職経験者で、前の会社ではもろもろの管理システムを一人で作り上げたらしい。

 その会社に入った当時、事務はおばあちゃんがひとりで手書きで色々やっていたらしいのだが、彼女が入社して一気にパソコンを使った管理方法にそれらを落とし込んでいったらしい。

 まったく、IT革命は現場で起こっているのだ。そのおばあちゃんも、さぞ驚いた事であろう。

 そういう気質と実績をもっている人であるから、目下のデザインこねこの最大の問題である管理事務をシステムから構築してもらうようお願いした。

 それ以外にも、元来きちっと整理するのが好きな性格の様で、仕事の案件の方の情報の整理等にもバリバリと力を発揮してくれる。赤ん坊を抱きながらそれをやってのけてしまうのだから、中々頼もしい新人なのだ。

 もうひとりのお母さんは、三人の子どものお母さんなのだが、すでに一番下の子どもも保育園だか幼稚園にあずけているので、単独身軽な雰囲気でやってくる。

 彼女は自分でも美容師とベビーマッサージのインストラクターという顔をもち、活動している。自分のブログも更新していて、文章や写真を撮るのもうまいので、広報を担当してもらう事にした。

 その他にも、本人は体を動かす仕事の方が良いそうなので、花壇の手入れや、掃除などの雑務も担当してもらっている。野良仕事も好きなようなので、ゆくゆくは猫の額ほどの裏庭を開墾してもらって、そこで野菜を育ててもらい、そしてさらに収穫した野菜を使ってみんなのごはんを作る社員食堂を作ってくれたりしないだろうかと、密かに期待している。



 このふたりがどのようにしてデザインこねこにくる事になったかというと、実はカミさんの地元の友達というやつで、もう少し詳しくいうと彼女が青春時代をともに過ごした仲のいい友達グループの人たちなのである。

 最近、徐々に仕事の手が足らなくなってきたので、そろそろアルバイトで正式にデザインこねこのスタッフとして手伝ってくれる人を入れた方がいいんではないだろうかと話していて、とりあえず近場でその仲良しグループに声をかけたら、それぞれのタイミングとも重なり、運良くこのふたりが手を挙げてくれたというわけなのだ。

 僕も昔から知っていて、家族ぐるみの付き合いをしている人たちなので、非常にやりやすくて良かったと思っている。

 そして、なにより仕事場で赤ん坊の鳴き声がしているというのも中々いいもので、なんとなくみんな優しく元気になる。これは、もしかしたら赤ちゃんセラピーとして、これから企業で流行るかもしれないと、密かに思っている。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-10 20:45

第38回 「本当のあてのない旅」 2013年9月3日

 夏というのはなんとなく人に旅をさせる季節だ。

 夏の旅は、なんだか前向きで、ハツラツとして、明るく青春。そんなイメージ。

 もちろん冬にも旅というのはあるけど、これはやっぱり、心中、駆け落ち、夜逃げ、傷心、となんだか暗い。

 夏に「旅に行く」と言われたら、「どこに?」と気軽に聞けて、きっと彼、彼女のさらなる成長を予感させるような、そんな地名が飛び出すに違いない。
 
 冬に「旅に行く」と言われても、カンタンに「どこへ」などと聞けない雰囲気がある。

 「とにかく北に行ってみようと思うんだ」なんて言われてしまった日には、ねえ。



 北と言えば、なぜ人はなにかに敗れると北へ向かうのだろうか。
 
 別に西でも東でもいいじゃないか。

 「恋に敗れて、東へ西へ」。なんか、飄々とした人になっちゃうな。


 日常の忙しさに疑問を感じ全てを捨てて南の島へ、なんて石垣島あたりに向かう人もいるだろうけど、大体沖縄の人の明るさ、おおらかさに、悩みなんか吹き飛んで、あっという間に「なんくるないさ〜」(=何とかなるさ)の人になってしまう。これは実体験で知っている。

 「そうだ、京都へ行こう」なんて言うのは、東京の人から見ると「そうだ、西へ行こう」となり、尾道あたりの人から見ると「そうだ、東へ行こう」と言う事になるに違いない。


 「あてのない旅」というと、=「放浪」であり、これはなんとなくもう戻ってこないというか、戻る場所のない気配がある。戻る場所を捨てた瞬間、それは既にあてのない旅なのかもしれない。

 ツマミが無くなっても、まだ飲んでいるというのを「アテのない呑み」という。うそである。

 
 今回も何が言いたいのか伝わりづらいものをだらだらと書いてしまったが、いつものように最後の一文で何が言いたかったか説明しちゃうと、僕はまたこの夏も旅に行けず、そして、今猛烈に、ハワイでも、タヒチでも、カナリア諸島でもどこでもいいから、「ザ・南国リゾート」(古いか)みたいな所に連れてけい!と言う気持ちなのだが、残念ながらまったくそれだけの旅が出来る時間もお金もないので、これぞ本当の「あてのない」旅なのである。

[PR]
by nagamineshunya | 2013-09-03 22:00 | 箱根板橋日記